SERVICE CONTENT

サービスの内容

当社が提供する看護・介護サービスの内容について
簡単にご紹介させていただきます。

サービスの説明

グループホーム

グループホームとは、認知症の方が、家庭的な雰囲気の中で、少人数で共同生活を送ることにより、認知症の症状の進行を緩和させ、よりよい日常生活を送ることができるよう支援する介護サービスです。
ご自分の趣味をしていただくなど、利用者様がご入居以前に送ってきたご自宅での生活をそのまま続けていただけるよう、個々のライフスタイルに合わせた自立支援のための介護を提供しています。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームとは、主に民間企業が運営し、要介護者や要支援状態の高齢者を受け入れている施設です。 生活援助や緊急時の対応、レクリエーションが受けられ、介護が必要な場合は、外部サービスを利用しながら生活できます。当社では「メディケアホーム」と「ドクター・ナーシングホーム」の名称で展開しています。

【メディケアホームについて】
メディケアの語源は、MEDICAL(医療・看護)+CARE(介護)。
その名称の通り、加齢とともに医療・介護サービスが必要となり、自立した生活が難しくなった方のための住宅型有料老人ホームです。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、要介護の高齢者が安心して暮らせるよう配慮された環境・設備を備え、食事の提供や生活相談などの生活援助サービスも提供している施設です。主に民間企業が運営しており、一定の設備、人員、運営基準のもと都道府県の指定(認可)を受けている施設を指します。
24時間施設に介護スタッフが常駐し、食事や入浴など必要な介護サービスを受けることができます。

都市型軽費老人ホーム

都市型軽費老人ホームとは、身体機能の低下等によりひとり暮らしを続けることが不安な方などを対象とし、困ったときには支援を受けられる「ケア付きすまい」の創設が必要であるとの東京都の提言を契機に創設された、新しい種類の高齢者施設です。

訪問介護(ヘルパーステーション)

介護サービスを有効に使いながら、住み慣れた家で、自分のライフスタイルを続けていきたい。そんな方のご家庭に、訪問介護員を派遣するサービスです。

訪問看護(訪問看護ステーション)

病気や障がいを持った方が、住み慣れた地域やご家庭でその人らしく療養生活を送れるように、看護師が生活の場へ訪問し看護ケアを提供し、自立への援助を促し療養生活を支援するサービスです。

通所介護(デイサービスセンター)

介護認定を受けられた方が住み慣れた地域で、できる限り自立した生活を送っていただくために、日常生活介護とともに、レクリエーションや機能訓練等を行っていただく施設です。
朝、お迎えにあがり一日を楽しんでいただき、夕方にご自宅までお送り致します。

療養通所(療養通所介護センター)

中重度者の在宅療養者の方を対象に看護師が入浴、排泄などの日常生活上のお世話及び機能訓練を行なうサービスです。医療的ケアニーズの高い重症心身障害児・者の地域での受け入れを行い、QOLの向上及びご家族様の支援を推進いたします。

居宅介護支援(ケアプラン相談センター)

介護が必要になった方の相談を受け、住み慣れた地域で自分らしく行きていくために、介護サービスの利用の認定申請代行やケアプラン作成を行います。
また、介護されているご家族の負担が軽減できるように、必要なサービスをケアマネージャーが一緒に考えケアプランを作成します。

福祉用具・貸与販売事業所(ケアサポートセンター)

福祉用具 とは、心身の機能が低下して日常生活に支障のある要介護者・要支援者が在宅で自立した生活を送るため、および、介護の負担を軽減するために利用できる用具です。ケアサポートセンターでは、福祉用具のレンタル・販売のほか、介護用品・各種消耗品の販売も行っています。